実際にゲームを進めながら覚える

麻雀は若い人からお年寄りまで幅広く楽しむことが出来るゲームである。職場の同僚や学生の仲間、家族など色々なメンバーで行う事が出来る。

ただし麻雀をするにはルールを覚える必要が有るのだが、これが初心者にとって少し高いハードルになってしまうケースが少なくない。麻雀のルールは一度覚えてしまと特に難しものでは無いのだが、一から覚えるとなると多少の時間が必要になってしまう。

また麻雀のルールを説明した本を読むことでもルールは覚える事は出来るのだが、本だけで覚えるというのはなかなか難しく、実際に経験者と卓を囲んで説明をしてもらいながら覚えるのが一番だろう。

麻雀のゲームなどでも多少は覚える事は出来るかもしれないが、実際に牌を積んだりどこから持ってくるのかといった流れを掴む事は難しい部分がある。

だから麻雀を覚えたいと思ったら、経験者に教えてもらうのが一番である。大体の流れさえ掴んでしまえば後は役を覚えるだけなので、本などを参考にすれば良いだろう。

またルールを覚えたら次は自分で点数計算も出来るようになる必要が有る。いちいち点数を人に聞くのも面倒なので出来るだ早く覚えるようにしたいものである。

ちなみに麻雀のルールは、ローカルルールが有ったりもするので事前に確認する事も大切である。