身体で覚えてしまえば上達が早い

麻雀は、大人の遊びとして広くしられています。

ルールを覚えてしまえば、とても楽しい遊びなのです。

しかしながら、そのルールは初心者からしてみるととても複雑です。

基本的には、麻雀の駒をそろえていくゲームなので絵柄を揃えるということが目標になります。

しかし、ただ単純に駒の絵柄をそろえていくだけでは、高得点は望めません。

決められた絵柄の並びにすることで、高得点を獲得することができるのです。

そして高得点を獲ることで勝つことができます。

したがって初心者の場合は、まず高得点の駒の並びを覚えてしまう必要があります。

この並びを知っていないと、麻雀で勝つことはできませんから、上達するためには駒の並びを覚えることです。

覚え方としては、実戦の中で覚えていくことで一番の早道となります。

ですから、最初はどんどんと負けてください。

負けることによって高得点を得るコツをつかむことができます。

できれば、麻雀がとても強い人と対戦することをおすすめします。

とても強い人と何回も戦って負けていくのです。

そうすることによって、強い人がどうして強いのかがわかってきます。

まずは強い人がどのように麻雀を打っているのかを、身体で覚えてしまえば上達が早まります。